みつめる21 » 統一模試情報 » 完全志望校別選抜模試

●完全志望校別選抜模試(2017)

難関校を目指す年長児が集い、力を試すハイレベルな学校別模試です。受験に際しては、これまでの統一模試、志望校別オープン模試の優秀者に交付された「受験推薦状」が必要です。

完全志望校別選抜模試とは

私立難関校対策として、2017年は9月10日(日)に実施予定の完全志望校別選抜模試は、慶應・早稲田など入学希望者の多い難関校を志望し、かつ過去の統一模試の成績優秀者のみが受験することのできる選抜模試です。例年1,000名以上の成績優秀児が受験し、志望校合格を果たしています。このテストの受験には6月4日(日)開催の志望校別オープン模試のほか、統一模試各回の成績上位者に発行する「推薦状」が必要となります。志望校別オープン模試では、入試本番レベルの試験という点を考慮し、P・B・N各テストの成績上位30%の受験者に加え、その際の志望上位9校=実施対象校が重視する項目で実力を発揮することができた受験者に対し、もれなく「推薦状」を発行いたします。

完全志望校別選抜模試 実施対象校

推薦状発行の時期について

志望校別オープン模試終了後、実施済のテストのいずれかで基準以上の成績を取得した方に統一模試実行委員会から郵送いたします。もし、その際に取得できなかった場合、7月実施の第3回統一模試の結果も推薦状発行の対象となります。