みつめる21 » 幼児教室情報 » 学習コラムA » 雙葉小学校に合格する

●学習コラムA 〜学校別対策編〜
雙葉小学校に合格する 
(KIDS EDU インターナショナルプリスクール&アカデミー 代表 高橋 記代子)



 雙葉小学校を受験されるにあたり、最難関ペーパー校という認識を持たれている方が多いかと思います。もちろんそれは間違いなく特Aランクの小学校で、わずか40名の合格者に対して数百人もの受験者数、しかも何校も受験日が重なっている11月1日に雙葉を選んで受験されるということは、ハイレベルの中での受験を余儀なくされることは言うまでもありません。

 ただ、ペーパーを繰り返し特訓し、難問にも対処できるペーパー力をつけるだけでは、合格はいただけません。では、雙葉小学校に合格できる子どもはどのような子どもなのでしょうか。

「雙葉生らしさ」を身に付ける

 学校が求めている雙葉生らしい品性と知性を身に付けるための日頃の生活習慣、親の躾や言動、体験学習を通して好奇心を養い、考える力を身に着けておくことは、ペーパーや巧緻性の訓練以上に大切なことです。

 雙葉の制服の胸につける校章に刻まれた「SIMPLE DANS MA VERTU FORTE DANS MON DEVOIR」はフランス語で書かれた校訓「徳においては純真に、義務においては堅実に」という言葉であり、素直な徳(=品性)を備え、やるべきことは堅実(=誠実)にという意味です。雙葉生は胸の校章に刻まれたその校訓を入学時より教え導かれ、雙葉生としての誇りを持って学園生活を過ごし、卒業してからもずっとその誇りを胸に自分の進んだ道に自信を持って活動していると私自身12年間雙葉で過ごし、卒業して15年以上経ちますが、多岐にわたり活躍している同窓生をみても常に感じていることです。その礎となっているのが雙葉で受けた教育にあります。雙葉に合う雰囲気を日常の家庭の中でも意識して過ごしていくことはとても大事です。

ページトップへ

「親の祈り」親のあるべき姿

 雙葉小学校の説明会で配られる「親の祈り」は、考査にでるものではありませんと配布されていますが、是非、親としての在り方を見直し、正していっていただきたい内容です。これは親としてだけでなく、私も子ども達を指導していく上ではっと考えさせられますが、雙葉の先生方もこの教えを大切に子ども達と接し、教え導いていらっしゃると感じます。一部抜粋、紹介いたします。

神様
もっとよい私にしてください。
子どものいうことをよく聞いてやり 心の疑問に親切に答え
子どもを よく理解する私にしてください。
理由もなく子どもの心を傷つけることのないようにお助けください。
子どもの失敗を笑ったり 怒ったりせず
子どもの小さい間違いには目を閉じて
良いところを見させてください。
良いところを 心から褒めてやり 
伸ばしてやることができますように。
大人の判断や習慣で 子どもをしばることのないように
子どもが自分で判断し 自分で正しく行動していけるよう
導く知恵をお与えください。
感情的に叱るのではなく 正しく注意してやれますように。
道理にかなった希望は できるかぎりかなえてやり
彼らのためにならないことは やめさせることができますように・・・

 面接を通して、家庭での親と子供のつながりは大変重要視されていますので、 この受験を良いきっかけに家族のあり方を見つめ直すと良いでしょう。

ページトップへ

入試概要

ペーパーテスト 

 筆記具は青いサインペン。訂正はギザギザ。B4版5〜6枚。問題は1枚ずつ配布されます。問題数は多くありませんが、難易度が高く、時間も短いです。「お話の記憶」は特に長いお話を集中して聞きこぼすことの無いように聞き取る力が必要です。数、図形、推理思考、比較、位置移動、常識等、各領域から出題されますが、どれもよく考えて作られている問題で、指示を一度で聞き取る力とよく考え、判断できる力が必要となります。

巧緻性

 紐通し、ビーズ、チェーンリング、ボルトとナット、クリップ留め、折り紙、袋詰め等、手先の器用さが問われます。丁寧に効率よく作業できるように日頃から手先を使う訓練と日常的なお手伝いをしておく習慣が大切です。

行動観察

 1F受付にてビブスを受け取ります。ビブスに色カードがついていて、各色5〜7人のグループに分かれ、3グループが1つの考査室に入ります。行動観察では、忍者ごっこ、電車ごっこ、猛獣狩りゲーム、動物模倣、グループでの共同制作、自由遊び等。ここでは、課題をしっかりと取り組む姿勢と人との関わり方が問われます。単に自分が仕切って周りを取りまとめるようなタイプよりも、自分の意見を言えることと、人の意見も聞き、周りにも気配りもできて楽しく盛り上がれるグループ作りのできる姿勢が問われます。

親子面接

 子どもに対しては、答えた内容からさらに発展させた質問をし、コミュニケーション能力が問われます。また絵を見せられて、どんな絵かお話するような設問があることもあります。母子の関わり方も面接で見られます。「お母様に伺ってみてください。」「お嬢さまにわかるように伝えてください。」というような質問がありますので、普段から母子間でのコミュニケーション、しつけ、母としての振る舞いにも気をつけて過ごすことが必要です。

ページトップへ

雙葉への受験対策

 KIDS EDU では、ペーパーで難易度の高い問題にも対応できるために、まずは基礎を徹底し、そして、どうしてこうなるのか、その根拠を考え、言葉で表現できるような指導を心掛け、難問にぶつかっても、考え抜き、自分で工夫してできる力を導いていきます。

 行動観察では広い視野を持ち、やさしくお友達に提案し、上手にまとめられるようにいろいろなシチュエーションを想定してどう行動するか考えさせて、自分で気付き、周りを見る目を養うように指導しております。

 ペーパーだけができても合格を頂けるとは限りません。願書、二日目の行動観察、面接から家庭でのしつけや生活習慣が問われますので、ご家庭のアドバイスもさせていただきながら、雙葉生にふさわしい品性を備えたお嬢様になって本番を迎える準備を整えて参ります。

コラム:KIDS EDU インターナショナルプリスクール&アカデミー


学習コラム @日々の勉強編
学習コラム A学校別対策編

学習コラムをリクエスト

コラムで書いてほしいテーマや、ご希望の幼児教室、学校別特集などのリクエストを承っております。奮ってご投稿ください。

メールにてリクエストをお寄せください。

ページトップへ