みつめる21 » 幼児教室情報 » 学習コラム@ » ペーパー学習の前に

●学習コラム@ 〜日々の勉強編〜
ペーパー学習の前に (石井美香幼児研究室 室長 石井 美香)



学ぶことは楽しいこと

 当教室では、紙の上で問題を解く前に具体物による実験や体験を数多く積み重ね、「学ぶことは楽しいこと」というイメージを育てています。

 ご挨拶・お手伝い・自分の事は自分で行なう・お友達との共同作業、などと同時に1歳児から基本として体験させていく事は「育てる」ということです。開校以来25年余りの間に育てた動植物は数十種類に及びます。自分より小さいものを育てながら、実は子供たち自身も育っています。「自分から興味を持って行動している」ので、育つ速度も速くなるのです。

 何かを「育てる」ことは、情操教育に良いのはもちろんですが、五感を充分使いながら、感動を伴う「生きた学び」が期待できます。ましてやお友達や保護者の方と一緒に体験した事なら素敵な「思い出」として記憶に残ることでしょう。

興味関心を育くむ

 自然や生き物など、初めて触れるもの・感じるものに興味を持ち、特性を知ることで視野や思考は広がります。一人ひとりの発達や感性を考慮しながら、身近な物を通して豊富な言語の獲得、生活習慣練習、社会ルールの確立、問題解決能力の向上など、様々な授業を通して表現力を身に付けています。

 待ちに待っていたアゲハチョウの羽化の日、蝶の羽が上手く広がらず、飛べない蝶が育つ事もあります。子供たちは「どうして?」「どうお世話すればよかったのかなぁ?」「どうすれば助けてあげられるの?」・・・これは、子供たちの中から湧き上がる思いです。保護者の方々も知らない事に遭遇し、子供と同じ目線で一緒に頭をひねり、調べる事もあるでしょう。多くの教材や道具を用意し環境を整えると、子供たちは創意工夫を自ら行い、集中力を見せ始めます。自然に観察力や忍耐力そして達成感を身につけていくのです。

 遊びにきてくれる多くの卒業生の子たちは「先生!今は何が育っているの?」と楽しみにしてくれているようです。私たちが知らない知識を教えてくれる事もあります。元気に入室しながらも、靴の向きを揃えることを忘れない姿や、学校の様子を嬉しそうに話してくれる姿に、りんごの木で芽吹いた若芽は、様々な養分を頂き、見守られながら枝葉を伸ばし、成長しているのだな。と心から嬉しく思い、深く感謝します。

ページトップへ

実体験を豊富に

 小学校受験は、それまでのご家庭の考え方や、生活全般が見られます。入学までに「たくさんの良質な体験・もの・人 に触れたことのある子供」「身の回りのことができる子供」であれば、小学校に入学後、新しい環境にスムーズに馴染める、色々なものに興味を持てる、お友達と楽しく過ごせる、といった姿が想像できます。このような力は、ペーパーテストだけでは判断できません。思うように行かないこと、答はひとつではない事もあること、数々の小さな失敗体験や成功体験を生活の中に散りばめてください。

 基礎となる「実体験」を充実させ「学ぶことは楽しい」というイメージを最初に育てておくことで、思考力も備わり、ペーパー学習への取り組みも無理なく進めることに繋がります。といっても、ご家庭だけで行なおうとすると、時間が足りない、何から手を付ければ良いのかわからない、上手く子供に伝わらない、ということも多いと思います。幼児の場合は特に個人差が大きいので、信頼できる指導者に相談したり、そのご家庭や子供一人一人に合った進め方を工夫することが大切です。

コラム:石井美香幼児研究室


学習コラム @日々の勉強編
学習コラム A学校別対策編

学習コラムをリクエスト

コラムで書いてほしいテーマや、ご希望の幼児教室、学校別特集などのリクエストを承っております。奮ってご投稿ください。

メールにてリクエストをお寄せください。

ページトップへ