みつめる21 » 小学校情報 » 私立女子校 » 立教女学院小学校
立教女学院小学校

立教女学院小学校

基本情報 【立教女学院小学校】

所在地 〒168-8616 東京都杉並区久我山4-29-60
電話番号 03-3334-5102
サイトURL http://es.rikkyojogakuin.ac.jp
アクセス 京王井の頭線[三鷹台]駅下車徒歩2分
JR中央線[西荻窪]駅からバス約10分[立教女学院前]下車すぐ
※スクールバス−無し
校長 佐野 新生
教員数 34名(非常勤講師・嘱託含む)
児童数 女子432名(1学年72名)
制服 無し
給食 あり(週5日)
外国語指導 英語
系列校 立教女学院短期大学附属幼稚園天使園
立教女学院中学校・高等学校(女子)
※小学校からの内部進学−原則として全員進学できる
立教女学院短期大学(女子)
安全対策 ○学院各門に警備員常駐
○防犯カメラ設置
○入構時のチェック
○ホームページでの発信
○児童の小学校へ留め置き(宿泊を含む)
○3日間の防災備蓄(水・食糧他)

ページトップへ

教育の特色と活動 【立教女学院小学校】

「のびのびと自由に遊べる学校」であることを大切にし、まず学校という生活を楽しみ、その中から学ぶ楽しさを見いださせている。1学年2クラスの規模で先生との緊密な関係の中、子どもたちも昼食時は全員が一堂に会するなどのコミュニケーション作りが行われている。
小学校から短期大学までが自然に恵まれた同じ敷地内にあり、より一層の連帯感と独自性をかもしだしており、学園生活は朝の礼拝から始まる。制服のない私立として知られるように「自由」も学校の重要なテーマであり、自由な発想を身につけさせるために暗記中心の学びではない。1・2年生では自分をみつめ「絵日記」にしるす。そして、3年生からは英語やコンピュータの学習も始まるが、それらも「他者のために役立つ人間」となるための一環といえる。

沿革 【立教女学院小学校】

アメリカ聖公会の宣教師により1877年に立教女学校創立。1924年に現在の久我山に移転する。1931年に小学校を開設。創立者ウィリアムズの自分を誇ることなく他者に仕える生き方は、そのまま学校の教育理念として現在も受け継がれている。2000年小学校改築が完了し現在に至る。

2016年度 募集要項 【立教女学院小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 女子72名 内部進学者含む
募集要項配布期間 9月2日〜10月2日(9時〜16時)
配布場所−小学校事務部(1部500円)
願書受付期間 10月1日・2日
出願方法−郵送受付のみ※当日消印有効
親子面接 試験日前に実施
※受験票返送の際に日時通知
入学選考日
11月2日・3日の両日
合格発表日時 11月5日 簡易書留速達
入学手続き期日 11月6日(14時〜15時)
入学考査料 30,000円 9月2日以降に指定銀行振込
入学手続時納入金 610,000円(入学金300,000円、施設費300,000円、保護者の会入会金10,000円)
他初年度納入金合計 806,400円(授業料は588,000円 ※2期分納)
※寄付金あり(任意)−1口10万円 3口以上
出願地域制限 通学時間が約1時間以内
帰国子女受け入れ 実施せず(復学者のみ受け入れ)
編入試験 各学年定員に欠員が生じた場合のみ実施
○実施時期−3月、8月(6年生は除く)
○選抜方法−筆記、面接(本人と保護者同伴)

ページトップへ

入試結果 【立教女学院小学校】

>2016年度入試
応募者数 女子310名
合格者数 女子77名

>2015年度入試
応募者数 女子344名
合格者数 女子80名

>2014年度入試
応募者数 女子222名
合格者数 女子78名

>2013年度入試
応募者数 女子254名
合格者数 女子74名

>2012年度入試
応募者数 女子463名
合格者数 女子76名

過去5年間の応募者数推移 【立教女学院小学校】

立教女学院小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【立教女学院小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

面接

面接日−試験日前の指定日時
対象−本人と保護者同伴
形態−個別
面接官−2名
所要時間−5分
内容−<本人>名前/幼稚園での遊び/好きな食べ物/好きな遊び/お手伝いについて
<父親>仕事の内容/小学校受験について/子どもと休日の過ごし方/キリスト教教育について
<母親>親から子へ伝えていきたいこと/お弁当作りで留意していること/女子校希望の理由
※その他に、絵の描かれたペープサートを使って親子でお話作りなどの時間もある
第1日目
ペーパー
形態−1クラス30名
監督の先生−2名
使用器具−テープレコーダー
筆記用具−クーピー/鉛筆 
出題用紙−10枚
所要時間−約60分
内容−お話の記憶・理解/言語/対称図形/推理/同図形探し/数量/常識
第2日目
行動観察/運動
形態−1クラス20名
監督の先生−3〜5名
所要時間−約60分
内容−パズル(積み木パズルを見本通りに組み合わせる)/箸つかみ(サイコロ10個をお皿に移す)/共同制作/連続運動(片足バランス→ゴム段跳び→平均台越え→ボール転がし)/ひも通し/粘土/自由遊び(フラフープ、マット、風船、バスケットボールなどで遊ぶ)

その他 入試に関すること 【立教女学院小学校】

生まれ月の考慮 あり
遅刻の場合 受験不可
病気の場合
受験不可
受験番号 生年月日順
保護者アンケート 無し
試験場の下見 不可
自家用車の使用 不可
保護者控え室 あり
願書写真サイズ たて4p・よこ3p カラー白黒、脱帽、上半身

幼児教室からのワンポイントアドバイス 【立教女学院小学校】

手先の器用さが求められます。生活の中で鍛錬していきましょう。ペーパーは幅広い分野で出題され、図形・数量などでは、高度な問題が出題される傾向にあるので繰り返しの練習が必要です。   情報提供:柏桜会 こどもクラブ

立教女学院小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ