みつめる21 » 小学校情報 » 私立女子校 » 横浜雙葉小学校
横浜雙葉小学校

横浜雙葉小学校

基本情報 【横浜雙葉小学校】

所在地 〒231-8562 神奈川県横浜市中区山手町226
電話番号 045-641-1628
サイトURL http://www.y-futaba-e.ed.jp
アクセス JR根岸線[山手]駅下車徒歩15分
JR根岸線[桜木町]駅より神奈中バス保土ヶ谷行[元町公園前]下車徒歩2分
地下鉄みなとみらい線[元町・中華街]駅下車徒歩12分
※スクールバス−[桜木町]駅より
校長 田口 久美子
教員数 40名
児童数 女子491名
制服 あり
給食 無し
外国語指導 英語
系列校 横浜雙葉中学校・高等学校(女子)
※小学校からの内部進学−原則として全員進学できる
安全対策 ○警備員が立哨・見廻り
○監視カメラ・モニタリングチェック
○父母・業者、来校時名札着用
○登下校時以外閉門 インターホンによる玄関開錠
○保護者の登下校時立番
○緊急連絡用PHSを教室常備
○防犯教室の実施
○緊急地震速報受信システム装置の設置
○非常時用の食糧、飲料水などの備蓄

ページトップへ

教育の特色と活動 【横浜雙葉小学校】

@自然体験−校内に小川、校外に瀬上自然教室を設け、自然観察、田植え、稲刈り等を実施し、自然の豊かさを感じ取っていきます。
A情操教育−図書館は蔵書数3万冊で、子ども達の多様な学習、読書ニーズに応えられるようになっています。パソコンルームと各教室はネットワークで結ばれ、インターネットによる検索、作品の制作など1年生から活用しています。図書館利用やパソコン活用の授業は各学年ともカリキュラム化し、実施しています。
B宗教教育−週1時間の宗教や朝と帰りの祈り、ミサなどを通して、神に生かされていることに感謝し、一人ひとりを大切にする心、すべての生命を大切にする心を育てていきます。
C総合学習−「3〜6年生は総合学習として、夏期学校・林間学校・沖縄修学旅行を行います。自然の豊かさを感じることに加え、仲間との交流、地域の人々との触れ合いを実感することができます。特に沖縄修学旅行では、文化や歴史を学び、戦争の傷跡を通して平和について考えていきます。」

沿革 【横浜雙葉小学校】

明治5年、マザー・マチルドが日本初の修道女として来日し、仁慈堂という施設を作り福祉事業にたずさわっていましたが、明治33年、日本の子女教育を目的として横浜紅蘭女学校を開設。大正3年に設立された付属初等科が本校の前身となります。関東大震災、横浜大空襲と二度にわたり校舎が全壊しましたが、それを乗り越えて復興。昭和31年、現在地に小学校が完成。昭和33年、横浜雙葉小学校と改称し、現在に至っています。

2016年度 募集要項 【横浜雙葉小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 女子約80名
募集要項配布期間 5月1日〜9月3日
配布場所−小学校事務室(一式900円、願書のみ100円)
願書受付期間 9月3日・4日(9時〜15時)
※9月4日の午前のみ講堂。以降は事務室
面接日時 9月中旬
※面接日時は願書受付時に通知
入学選考日
10月20日(8時〜14時)
※詳細は面接時に通達
合格発表日時 10月21日
発表方法−郵送通知(速達)
入学手続き期日 10月23日・26日(9時〜15時)
手続場所−小学校事務室
入学考査料 25,000円 振込
入学手続時納入金 550,000円(入学金300,000円、施設設備資金250,000円)
他初年度納入金合計 859,200円(授業料432,000円 他)
※授業料以下は4月、9月、1月に納入
出願地域制限 通学時間は交通機関の待ち合わせ時間を入れて60分程度
帰国子女受け入れ 編入試験実施時に一般受験生と同じ条件で受け入れ
編入試験 ○対象学年−新3年生
○募集人数−各若干名
○実施時期−2月上旬
○選抜方法−筆記(国語・算数)、運動、面接(本人と保護者同伴)

ページトップへ

入試結果 【横浜雙葉小学校】

>2016年度入試
応募者数 女子308名
合格者数 女子80名

>2015年度入試
応募者数 女子284名
合格者数 女子80名

>2014年度入試
応募者数 女子284名
合格者数 女子80名

>2013年度入試
応募者数 女子320名
合格者数 女子80名

>2012年度入試
応募者数 女子293名
合格者数 女子80名

過去5年間の応募者数推移 【横浜雙葉小学校】

※右グラフが男子応募者数、左グラフが女子受験者数を表します。

横浜雙葉小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【横浜雙葉小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

面接 対象−本人と保護者(両親・同伴)
面接官−3名(校長・副校長・教頭)
所要時間−約10分
内容−<本人>名前/幼稚園名/運動会のこと/夏休みに楽しかったこと/遊びについて
<父親>志望理由/受験準備について/家庭の教育方針/子どもの良いところ
<母親>子育てで心がけてきたこと/躾について/健康面について/子どもの性格
ペーパー 形態−1クラス約40名
監督の先生−4名
所要時間−約30分
内容−お話の記憶・理解/絵の記憶/同図形発見/間違い探し/生活常識/科学常識/数の多少
口頭試問 内容−スイカの工作/お話作り/パズル遊び
行動観察 内容−紅白に分かれてしりとりゲーム/自由遊び(的当て、積み木、輪投げ、ボーリング、玉入れ)
運動 2〜4チームに分かれて実施
内容−タッチゲーム/かけっこ/ボール投げ/模倣体操/リズム運動
グループ制作 内容−新聞紙と紙テープを使ってお洋服作り/後片付け

その他 入試に関すること 【横浜雙葉小学校】

生まれ月の考慮 無し
遅刻の場合 状況による
病気の場合 医務室等での考査は認めない
受験番号 願書受付順
保護者アンケート 願書受付時提出(志望理由 等)
試験場の下見
自家用車の使用 不可
願書写真サイズ たて5p・よこ4p

学校の先生からのメッセージ 【横浜雙葉小学校】

校長 田口 久美子先生
〔どんな両親が望ましいか〕
@親子のかかわりを大切にし、自分自身もたえず人間として成長しようと努めているご両親
A情報にまどわされず、自分で考え判断できるご両親
B人まかせでなく、責任を持って子どもの教育をしているご両親
〔どんな子どもが望ましいか〕
@年相応に自立していて、基本的生活習慣がしっかり身についている子
A夢があり、よく遊ぶ子
B人の話をよく聞き、根気がある子

横浜雙葉小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ