みつめる21 » 小学校情報 » 私立共学校 » 横浜三育小学校
横浜三育小学校

横浜三育小学校

基本情報 【横浜三育小学校】

所在地 〒241-0802 神奈川県横浜市旭区上川井町1985
電話番号 045-921-0447
サイトURL http://www.yokohama-san-iku.ed.jp
アクセス 最寄りバス停(市営バス)-[桜山]または[亀甲山]下車徒歩7分
※スクールバス−あり。次の3駅より運行
東急田園都市線[青葉台]駅
JR横浜線[十日市場]駅
相鉄線[三ツ境]駅
校長 落合 均
教員数 20名
児童数 83名(男子51名 女子32名)
制服 あり
給食 無し
外国語指導 英語
系列校 横浜三育幼稚園
札幌三育幼稚園
盛岡三育幼稚園
鹿児島三育幼稚園
広島三育学院幼稚園
東京三育小学校
札幌三育小学校
函館三育小学校
光風台三育小学校
久慈川三育小学校
広島三育学院小学校
広島三育学院大和小学校
鹿児島三育小学校
沖縄三育小学校
広島三育学院中学校・高等学校
北浦三育中学校
沖縄三育中学校
※小学校からの内部進学−推薦制度による
三育学院大学・短期大学
三育学院カレッジ
Loma Linda University(米国)
ほか英語圏、ヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア、オセアニア、南米など世界中に100以上の大学を展開
安全対策 ○玄関と通用門は児童の登下校以外、電気施錠(インターホンで確認後開錠)
○監視カメラの設置
○集団で方面別に下校
○受付での訪名記入と「来訪者」カード着用義務

ページトップへ

教育の特色と活動 【横浜三育小学校】

聖書の教えを教育の基盤とし、神を敬い、人を愛する心を育てる教育を行っている。また、知育・徳育・体育の調和を図ることを目標とした全人教育を目指している。少人数教育を実践することにより、一人ひとりの個性を尊重し、自己の能力を最大限に発揮させ、豊かな情操を育てている。海外には姉妹校もあり留学生が多数在学中である。

沿革 【横浜三育小学校】

キリスト教プロテスタントの宗派のひとつであるセブンスデー・アドベンチスト教会を母体とする学校法人・三育学院の教育機関のひとつとして昭和32年に開校。平成4年に亀甲山三育小学校より横浜三育小学校に校名を変更した。平成10年に現在の所在地に移転新築した。

災害時対策 【横浜三育小学校】

・災害時に学校宿泊が必要となった場合のために児童数分のブランケットを準備
・登下校中に災害が起こった場合の児童の避難待機場所を決めている

2016年度 募集要項 【横浜三育小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 男女計20名(第1期・第2期) 系列幼稚園からの内部進学者を含む
募集要項配布期間 8月28日〜
願書受付期間 第1期)10月13日〜23日
第2期)11月9日〜13日
入学考査日
第1期)10月25日
第2期)11月15日
合格発表日時 第1期)10月26日 郵送通知
第2期)11月16日 郵送通知
入学手続き期日 第1期)10月28日
第2期)11月18日
入学考査料 15,000円 出願時に持参
入学手続時納入金 120,000円(入学金60,000円、施設拡充費60,000円)
他初年度納入金合計 449,400円(授業料312,000円、学校維持費89,400円、教育充実費48,000円)
※寄付金(任意)−1口30,000円 5口以上
出願地域制限 通学地域による応募制限無し
帰国子女受け入れ 欠員の生じた場合のみ実施
○対象学年−1〜4年生
○実施時期−随時
○選抜方法−筆記(国語・算数・作文)、面接(本人と保護者別)
編入試験 欠員の生じた場合のみ実施
○対象学年−1〜4年生
○実施時期−随時
○選抜方法−筆記(国語・算数・作文)、面接(本人と保護者別)

ページトップへ

入試結果 【横浜三育小学校】

>2016年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

>2015年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

>2014年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

>2013年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

>2012年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

選抜方法 【横浜三育小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

面接 対象−本人と保護者同伴(両親)
形態−個別
面接官−2名
所要時間−15分
内容−<本人>名前/住所/電話番号/家族の名前/友だち/遊び/起床・就寝時にすること
<保護者>志望理由/家庭の教育方針/躾/健康状態/家族構成/幼稚園での様子/休日の過ごし方/通学経路
ペーパー 形態−1クラス10名
監督の先生−2名
所要時間−30分
使用器具−パネル
筆記用具−鉛筆
出題用紙−5枚(17問)
内容−お話の記憶・理解/数を数える/数の多少/仲間分け(探し)/数量比較/系列完成 /図形合成/模倣/同図形・異図形発見/言語
行動観察 形態−全員
監督の先生−6名
所要時間−15分
使用器具−ピアノ
内容−自由遊び/リトミック/共同作業/集団ゲーム(仲間づくり)/お絵かき
運動 形態−1クラス20名
監督の先生−6名
所要時間−15分
使用器具−平均台/跳び箱/ロープ
内容−かけっこ/ボール投げ/スキップ/ケンパ/平均台歩行/鉄棒ぶら下がり/ジャンプ/模倣体操
制作/絵画 形態−1クラス10名
監督の先生−3名
所要時間−25分
使用器具−クレヨン/はさみ
内容−課題画(家族等)/はさみを使って切り抜き/画用紙にクレヨンで絵を描く/紐通し

その他 入試に関すること 【横浜三育小学校】

生まれ月の考慮 あり
遅刻の場合 状況による
病気の場合
受験不可
受験番号 願書受付順
保護者アンケート 事前提出
試験場の下見 可(事前予約)
自家用車の使用 可(駐車場あり)
願書写真サイズ たて4.5p・よこ3.5p カラー、脱帽、3カ月以内、その他家族写真

学校の先生からのメッセージ 【横浜三育小学校】

校長 落合 均先生
キリスト教の教えを通してひとりひとりがかけがえのない存在であることを教え、人のために尽くすという生き方が本当に幸せな人生であるという価値観を育みます。少人数教育により、子供さんひとりひとりに目が行き届き、それぞれの個性を十分に引き伸ばします。保護者の方と学校が同じ視点をもって、協力して子供さんを育てていくことを望みます。  

横浜三育小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ