みつめる21 » 小学校情報 » 私立共学校 » 新渡戸文化小学校
新渡戸文化小学校

新渡戸文化小学校

基本情報 【新渡戸文化小学校】

所在地 〒164-8638 東京都中野区本町6-38-1
電話番号 03-3381-0124
サイトURL http://www.el.nitobebunka.ac.jp
アクセス 地下鉄丸の内線[東高円寺]駅下車徒歩6分
路線バス[中野天神前]下車徒歩3分
路線バス[東高円寺]下車徒歩6分
路線バス[杉山公園]下車徒歩7分
※スクールバス−無し
校長 朝倉 寿夫
教員数 25名
児童数 362名(男子174名 女子188名)
制服 あり
給食 あり(週5回)
外国語指導 英語
系列校 新渡戸文化子ども園
新渡戸文化中学校・高等学校
※小学校からの内部進学−希望者(単願)は原則として全員進学できる
新渡戸文化短期大学
安全対策 ○正門に警備員を配置
○登下校時GPS付き携帯電話所持(許可制)
○登下校メール
○緊急連絡システム(エマージェンシーコール)を導入
○緊急時の方面別下校

ページトップへ

教育の特色と活動 【新渡戸文化小学校】

・「心」と「体験」を基礎にした学び
「学べる力・活かす力・学び合う力」を育てる
・本物に出会う
日常的な「縦割り活動」を生かした学習活動、宿泊行事、出会いと発見の機会を数多く用意
・心を育てる
新渡戸先生の人格主義による愛の教育「どの子も我が子、どの先生もわたしの先生」
・アットホームでぬくもりある学校
「安全」「安心」「愛情」のおいしい給食
・母を支える
充実のアフタースクール

沿革 【新渡戸文化小学校】

日本の女性文化の向上を願い「文化生活」運動を提唱した森本厚吉博士が創立し、新渡戸稲造博士が初代校長を務めた「女子経済専門学校」が母体。昭和23年東京経専小学校として創立。その後「東京文化小学校」と改称し、1学年1クラスのアットホームな教育を行ってきた。昭和54年杉並区和田の新校舎に移転。平成22年には2クラス化実現のため現在の敷地に再移転。校名を「新渡戸文化小学校」に改称。平成23年には、他校に先立ち23区内で初めて「アフタースクール」を開校した。

2016年度 募集要項 【新渡戸文化小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 男女計約60名 内部推薦者・帰国子女枠含む
学校案内配布 新年度より配布
配布場所−学園受付(無料)
募集要項配布期間 6月20日〜11月6日(9時〜17時15分)
※日曜・祝日および、10月26日を除く
配布場所−学園受付
願書受付期間 第1回)10月2日〜30日(9時〜16時)
第2回)10月2日〜10月30日・11月4日〜9日(9時〜16時)
※日曜・祝日および10月26日除く
親子面接日 出願時に時間を決定
※選考日前は三者面接。選考日当日は子どものみの面接
入学考査日
第1回)11月3日
第2回)11月11日
※全日程ともグループにより集合時間が異なる
合格発表日時 第1回)11月3日 郵送通知(簡易書留速達)
第2回)11月11日 郵送通知(簡易書留速達)
入学手続き期日 第1回)11月5日・6日(9時〜16時)
第2回)11月13日・14日(9時〜16時)
入学考査料 20,000円 指定の振込用紙で銀行振込
入学手続時納入金 430,000円(入学金200,000円、教育充実費150,000円、アフタースクール入会金80,000円)
他初年度納入金合計 月額54,880円(授業料36,000円、後援会費3,000円、給食費11,880円、教育充実費4,000円)
出願地域制限 通学地域による応募制限無し
帰国子女受け入れ 特別枠あり ※欠員が生じた場合のみ実施
○対象学年−1〜5年生
○実施時期−随時
○選抜方法−筆記(国語・算数)、面接(本人と保護者別)
※入学試験は一般受験生と行い、採点時に考慮
編入試験 欠員が生じた場合のみ実施
○対象学年−1〜5年生
○実施時期−随時
○選抜方法−筆記(国語・算数)、面接(本人と保護者別)

ページトップへ

入試結果 【新渡戸文化小学校】

>2016年度入試
応募者数 男女計217名
合格者数 男女計60名

>2015年度入試
応募者数 男女計180名
合格者数 男女計60名

>2014年度入試
応募者数 男女計174名
合格者数 男女計60名

>2013年度入試
応募者数 男女計174名
合格者数 男女計60名

>2012年度入試
応募者数 男女計171名
合格者数 男女計60名

過去5年間の応募者数推移 【新渡戸文化小学校】

新渡戸文化小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【新渡戸文化小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

面接 ※新渡戸文化小学校教育への理解度、家庭教育の有り様を見る
【選考日当日】
対象−本人のみ
面接官−2名
所要時間−15分
内容−<本人>普段の生活について/家や園でのようす/友だちとの遊びについて
【選考日前】
対象−本人と両親
<保護者>志望動機/教育方針/躾/通学経路/健康状態/子育ての考え方/家や園でのようす/子どもの良いところ
ペーパー 形態−1クラス10〜15名
筆記用具−クーピー
所要時間−20分
内容−記憶/理解/数量
口頭試問 ※聞き取りと数遊びを通して理解力を見る。聞く態度重視
内容−お話の記憶・理解/音の聞き取り/数量/図形構成/長さ比べ/推理・系列完成
行動観察 ※入学後、集団生活を円滑に進めていけるかを見る。取り組む姿勢も重視 
形態−1クラス10〜15名
監督の先生−7名
所要時間−約20分
内容−集団ゲーム/自由遊び/積み木遊び/指示行動/絵画の共同制作/生活習慣/歌
運動 内容−模倣体操/かけっこ/立幅跳び/ボール投げ/ケンパ/スキップ/リトミック/リズム運動
制作 所要時間−20分
内容−課題制作
使用用具−クレヨン/のり/はさみ

その他 入試に関すること 【新渡戸文化小学校】

生まれ月の考慮 あり
遅刻の場合 状況による
病気の場合
受験不可
受験番号 受付順
保護者アンケート あり(事前提出。健康状態 等)
試験場の下見
自家用車の使用 不可
願書写真サイズ たて6p・よこ5p
持ち物 受験生は動きやすい服装で来校。上履き持参

学校の先生からのメッセージ 【新渡戸文化小学校】

校長 朝倉 寿夫先生
本校は心の教育を大切にし、子どもたちが安心して学校生活を送れるアットホームな環境づくりを心がけてきました。全校の縦割り生活班を生かし、遠足や夏のキャンプなど、学年枠をはずした活動を数多く実施しています。たくさんの人とのかかわりの中で、子どもたちは「生きることを共に楽しむ力」を身に着けます。基礎・基本を大切にしたきめ細かな指導で、学べる力・活かす力・学び合う力を育てます。預かりと学びが両立する放課後のアフタースクールも充実しています。みなさんも、笑顔いっぱいの新渡戸文化の仲間になりませんか?

新渡戸文化小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ