みつめる21 » 小学校情報 » 国立小学校 » 東京学芸大学附属竹早小学校
学芸大学附属竹早小学校

学芸大学附属竹早小学校

基本情報 【学芸大学附属竹早小学校】

所在地 〒112-0002 東京都文京区小石川4-2-1
電話番号 03-3816-8941〜8944
サイトURL http://www.u-gakugei.ac.jp/~takesyo/
アクセス 地下鉄丸ノ内線[茗荷谷]駅下車徒歩20分
※スクールバス−無し
校長 山田 一美
教員数 44名(小・幼)
児童数 429名(男子216名 女子213名 12学級)
制服 あり
給食 あり(週1回弁当持参)
系列校 東京学芸大学附属竹早園舎
東京学芸大学附属竹早中学校
※小学校からの内部進学−推薦による
東京学芸大学附属高等学校
※附属校だが中学校からの内部優先制は無い
安全対策 ○各門に監視カメラ設置
○「学校110番」設置

ページトップへ

教育の特色と活動 【学芸大学附属竹早小学校】

創立当初から「誠」の一字を校訓に掲げ、時世の推移、思潮の変転にもかかわらず、星霜百年に亘って「誠」の精神を貫いて教育に当たっている。大学と附属校とが緊密に連絡をとり、大学での研究理論を附属小学校で実際に指導に取り入れ、また、その結果を大学での研究に生かしていくことを大事な役割としている。このため、研究テーマを掲げ、年間を通じて研究会を開き、「授業研究」といって、教師全員が児童をとり囲むようにして授業をする機会も多い。研究と関連して独自のカリキュラムで教育が行われている。

沿革 【学芸大学附属竹早小学校】

明治33年、東京府女子師範学校附属小学校として、児童を引き継ぐ。昭和18年、東京第一師範学校女子部附属国民学校となる。同24年、東京学芸大学附属竹早小学校となる。同36年、附属追分小学校児童を受け入れる。同38年、附属豊島小学校の児童を受け入れる。平成12年、新校舎・校庭が落成する。同16年、国立大学法人移行 同22年、創立110周年を迎えた。

2016年度 募集要項 【学芸大学附属竹早小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 男女各20名程度
募集要項配布期間 9月15日〜18日(10時〜12時・14時〜16時)
配布場所−校内にてお知らせ
出願日時 <男子>10月6日・7日(9時〜11時・13時〜15時)
<女子>10月8日・9日(9時〜11時・13時〜15時)
検定料 第1次選抜)1,100円
第2次選抜)2,200円 ※銀行振込
第1次選抜(抽選) 10月17日 <男子>10時〜  <女子>13時30分〜
選抜場所−体育館
第1次合格者の
書類配布
<男子>抽選後〜11時30分
<女子>抽選後〜15時
<共通>10月19日(9時〜11時30分・13時〜15時)
第2次選抜手続 10月28日・29日(9時〜11時・13時〜15時)
第2次選抜
(発育調査)
<男子>11月25日
<女子>11月26日
第2次選抜発表日時 11月27日
第3次選抜(抽選)
11月28日(入学候補者決定)
出願地域制限 都内23区に保護者と共に同居し、本校入学後もこの地域内に保護者と共に居住する者
帰国子女受け入れ 実施せず
編入試験 実施せず

ページトップへ

入試結果 【学芸大学附属竹早小学校】

>2016年度入試
応募者数 男子1,267名 女子1,218名 計2,485名
合格者数 男子21名 女子21名 計42名

>2015年度入試
応募者数 男子1,292名 女子1,229名 計2,521名
合格者数 男子21名 女子21名 計42名

>2014年度入試
応募者数 男子1,309名 女子1,175名 計2,484名
合格者数 男子20名 女子20名 計40名

>2013年度入試
応募者数 男子1,348名 女子1,264名 計2,612名
合格者数 男子18名 女子18名 計36名

>2012年度入試
応募者数 男子1,292名 女子1,221名 計2,513名
合格者数 男子18名 女子18名 計36名

過去5年間の応募者数推移 【学芸大学附属竹早小学校】

※右グラフが男子応募者数、左グラフが女子受験者数を表します。

学芸大学附属竹早小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【学芸大学附属竹早小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

行動観察 自由遊び−魚つり/ボーリング/平均台/的当て/ダンボールでできた電車/ボール/積み木/風船/輪投げ/フラフープ/絵本など好きな道具で遊ぶ動物模倣遊び−ハムスター・ウサギ・カエル・ゾウ・キツネ 等
実技 形態−25名のグループ
監督の先生−2〜3名
運動−座布団の上で立つ・しゃがむ/ケンパー/平均台/的当てゲーム 等(在校生がお手本をする)
個別審査
口頭試問
内容−名前/ここまで誰とどうやってきましたか/誰とお風呂に入りますか/電話番号を教えてください/食事ではどのようなときにほめられますか(叱られますか)/名前と自分で選んだ絵カードの名前を聞く
親子活動 形態−保護者(どちらか1名のみ)と受験生
試験官の先生-2名
内容−お話づくり/ボール遊び/電車ごっこ/遊び方を相談 他

その他 入試に関すること 【学芸大学附属竹早小学校】

考査時間 約1時間
遅刻の場合 受験不可
保護者アンケート あり
試験場の下見 不可
願書写真サイズ たて4cm・よこ3cm

幼児教室からのワンポイントアドバイス 【学芸大学附属竹早小学校】

私立の受験者激減に比べおとろえることのない国立受験者。ここ数年、1次抽選の倍率が約3.7倍、第2次選抜の倍率が8〜9倍程となっています。第2次選抜の内容は、行動観察・制作や巧緻性・口頭試問で、トータル1時間弱でおこなわれています。ペーパーテストがない上、時間も短い試験ですから、しっかりとした受け応え、けじめのある行動ができるようにし、高倍率の試験を突破してほしいと思います。特に最近では口頭試問が重視されているようです。なお、2012年度入試から保護者の面接が復活しました。内容は学校の理解を求める質問です。情報提供:わかぎり21

学芸大学附属竹早小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ