みつめる21 » 小学校情報 » 国立小学校 » 東京学芸大学附属小金井小学校
学芸大学附属小金井小学校

学芸大学附属小金井小学校

基本情報 【学芸大学附属小金井小学校】

所在地 〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
電話番号 042-329-7823
サイトURL http://www.u-gakugei.ac.jp/~kanesyo/
アクセス JR中央線[武蔵小金井]駅北口下車徒歩15分
[武蔵小金井]駅よりバス(5分)[学芸大東門]下車すぐ
※スクールバス−無し
校長 繁田 進
教員数 教諭26名 講師・補助教諭9名
児童数 651名(男子327名 女子324名 18学級)
制服 あり
給食 あり
外国語指導 英語
系列校 東京学芸大学附属幼稚園小金井園舎
東京学芸大学附属小金井中学校
※小学校からの内部進学−内部生用の入試に合格すること、大半が進学できる
東京学芸大学附属高等学校
※附属校だが中学校からの内部優先制は無い
安全対策 ○警備員の配置
○玄関扉の施錠
○入校証の着用
○警察と連携した訓練
○不審者情報の配信
○職員の登下校指導
○学校周辺の見回り 等

ページトップへ

教育の特色と活動 【学芸大学附属小金井小学校】

大学と附属校とが緊密に連絡をとり、大学での研究理論を附属小学校で実際に指導に取り入れ、また、その結果を大学での研究に生かしていくことを大事な役割としている。このため、研究テーマを掲げ、年間を通じて研究会を開き、「授業研究」といって、教師全員が児童をとり囲むようにして授業する機会も多い。附属小学校で実施している教育課程は、基本的には、文部科学省の定める学習指導要領に準拠しているが、研究と関連して独自のカリキュラムで実験的な教育を行うことを使命としており、必ずしも教科書に則した進め方をするとは限らない。

沿革 【学芸大学附属小金井小学校】

明治44年、東京府豊島師範学校(東京第二師範学校)の附属小学校(附属豊島小学校)として開校する。昭和20年、東京第二師範女子部附属国民学校(附属追分小学校)として開校する。同36年、附属追分小学校の移転に伴い、東京学芸大学附属小金井小学校として正式に発足する。同38年、豊島小学校より児童が移転する。同40年、プール・学校園完成。平成16年国立大学法人に移行。平成21年、創立100周年・開講50周年記念式典を行う。

2016年度 募集要項 【学芸大学附属小金井小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 男女計105名 内部進学者を含む
募集要項配布日 9月12日(説明会時)〜10月9日(9時〜12時・13時〜17時)
配布場所−小学校事務室
願書受付日 9月28日〜10月9日 郵送受付のみ・出願期間内消印有効
検定料 3,300円 銀行窓口で指定口座へ振り込み
第1次選考
(総合調査)
11月25日・26日の2日間
第2次選考(抽選) 11月28日(8時〜) 玄関前に発表
最終合格者発表日時 11月28日(10時〜) ※受付は9時30分〜10時
入学手続期日 11月28日 抽選後直ちに
他初年度納入金合計 12月7日・8日(10時〜12時・13時〜15時)
出願地域制限 以下の通学区域内に保護者とともに居住する者
〔全域〕−昭島市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・立川市・調布市・西東京市・東久留米市・東村山市・日野市・府中市・三鷹市・武蔵野市・杉並区・中野区
〔指定地域あり〕−稲城市・清瀬市・八王子市・東大和市・福生市・世田谷区・練馬区・新宿区(指定地域は募集要項の公示で確認してください)
帰国子女受け入れ 実施せず
編入試験 実施せず

ページトップへ

入試結果 【学芸大学附属小金井小学校】

>2016年度入試
応募者数 男子582名 女子554名 計1,136名
合格者数 男子53名 女子52名 計105名

>2015年度入試
応募者数 男子583名 女子522名 計1,105名
合格者数 男子53名 女子52名 計105名

>2014年度入試
応募者数 男子577名 女子554名 計1,131名
合格者数 男子51名 女子46名 計105名

>2013年度入試
応募者数 男子652名 女子618名 計1,270名
合格者数 男子53名 女子52名 計105名

>2012年度入試
応募者数 男子665名 女子627名 計1,292名
合格者数 男子53名 女子52名 計105名

過去5年間の応募者数推移 【学芸大学附属小金井小学校】

※右グラフが男子応募者数、左グラフが女子受験者数を表します。

学芸大学附属小金井小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【学芸大学附属小金井小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

第1日目
ペーパー
※身体的・知的・社会的・情緒的な面について心身の発育の様子を総合的に調査する
形態−1クラス20名程度
監督の先生−2名
出題用紙−2〜4枚
筆記用具−鉛筆
使用器具−テープレコーダー
内容−お話の記憶/絵の記憶(服の模様)/計数/図形/仲間はずれ/数の多少・加減・分割 等
第1日目
制作
内容−折り紙のちぎり/ビデオを見て折り紙を折る/ビデオを見て黄色い細長い紙と黒いひもでトラのしっぽを作る/ビデオを見てタオルでタコを作る/パズル構成(三角形・台形のチップを使って四角や三角を作る)/条件画/風船作り 等
第2日目
実技
内容−リズム運動/うさぎ跳び/立幅跳び/ケンパ/後ろ向き歩き/手遊び(グーパー・グーパー) 等
口頭試問 内容−小学生になったら何が楽しみですか/家族で行きたいところは/誰と何をして遊びたいか/朝ごはんは何を食べましたか/好きなおやつ(くだもの)は何ですか/好きな動物は何ですか/夜寝る前には何をしますか 等

その他 入試に関すること 【学芸大学附属小金井小学校】

考査時間 第1日目:約1時間10分
第2日目:約40分
遅刻の場合 受験不可
保護者アンケート 無し
試験場の下見 不可
自家用車の使用 不可
願書写真サイズ たて4cm・よこ3cm

学芸大学附属小金井小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ