みつめる21 » 小学校情報 » 国立小学校 » 東京学芸大学附属大泉小学校
学芸大学附属大泉小学校

学芸大学附属大泉小学校

基本情報 【学芸大学附属大泉小学校】

所在地 〒178-0063 東京都練馬区東大泉5-22-1
電話番号 03-5905-0200
サイトURL http://www.es.oizumi.u-gakugei.ac.jp
アクセス 西武池袋線[大泉学園]駅下車徒歩8分
※スクールバス−無し
校長 狩野 賢司
副校長 細井 宏一
教員数 50名
児童数 591名(男子291名 女子300名)
制服 あり
給食 あり(週1回お弁当)
系列校 東京学芸大学附属国際中等教育学校
安全対策 ○通用門、校庭門は登下校時以外の時間は施錠
○中学校門、正門に警備員常駐

ページトップへ

教育の特色と活動 【学芸大学附属大泉小学校】

国立大学に附属する同校は、大学と緊密に連絡をとり、大学での研究理論を附属小学校で実際に指導に取り入れ、またその結果を大学の研究理論に生かすことを大事な役割としている。このため、年間を通じて研究会を開き、「研究授業」として、教師全員が児童を対象とした研究を行っている。このように附属小学校は、先進的な教育の実験・実証のための研究に力を注いでいる。教育内容については、研究や実習のために、独自のカリキュラムを作成して実施することもある。また、教育系大学の附属校として年間約150名程度の教育実習生の受け入れを行っている。

沿革 【学芸大学附属大泉小学校】

昭和14年9月開校、尋常科4・5学年の児童を募集して授業を開始する。同16年、東京府大泉師範附属国民学校と改称する。同26年、東京学芸大学附属大泉小学校と改称する。同33年、講堂改修、校舎外壁塗装を行う。同42年、新校舎が完成し移転する。同44年、海外帰国児童教育学級が発足する。同54年、南棟校舎(特別教室)が完成する。平成2年、コンピューター利用の文部省指定校となる。同3年、文部省教育課程一般「特別活動」指定校となる。同14年、校舎大改修完成。同20年、創立70周年を迎える。同21年、海外帰国児童学級開設40周年。

2016年度 募集要項 【学芸大学附属大泉小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 男子45名 女子45名 計90名 (海外生活児童を含む)
募集要項配布期間 9月27日(説明会終了後〜14時30分)
以降、9月28日〜10月2日(9時〜12時・13時〜16時)
願書受付期間 10月13日〜16日(9時〜12時・13時〜16時)
受付場所−事務室
入学考査料
第1次選抜1,100円
第2次選抜2,200円 ※銀行振込
第1次(抽選) 10月24日
<男子>10時〜
<女子>13時〜 (抽選後小学校事務室入口に掲示)
第2次(発育調査)
願書配布
10月24日 <男子>抽選後〜12時 <女子>抽選後〜16時
<男女>10月26日・27日(9時〜12時・13時〜16時)
第2次(発育調査)
出願日
11月10日〜12日(9時〜12時・13時〜16時)
第2次(発育調査)
日程表配布日
11月20日(10時〜12時) 
事務室にて配布
第2次(発育調査)
考査日
11月25日・26日 ※2日間
第2次(発育調査)
発表日時
11月28日(9時〜9時30分) 運動場シュート板に掲示
第3次(抽選) 11月28日(10時頃〜)
出願地域制限 徒歩または公共の交通機関を使って、自宅から登校まで40分以内で通学できる地域に保護者と共に居住する者
帰国子女受け入れ 海外生活経験児童対象入学試験
対象学年−1・2年生…8月
3〜5年生…8月、12月、3月
6年生…8月、3月 ※3月は新学年として実施
編入試験 一般学級の編入は無し

ページトップへ

入試結果 【学芸大学附属大泉小学校】

>2016年度入試
応募者数 男子785名 女子679名 計1,464名
合格者数 男子45名 女子45名 計90名

>2015年度入試
応募者数 男子679名 女子648名 計1,327名
合格者数 男子45名 女子45名 計90名

>2014年度入試
応募者数 男子779名 女子713名 計1,492名
合格者数 男子45名 女子45名 計90名

>2013年度入試
応募者数 男子800名 女子825名 計1,625名
合格者数 男子45名 女子45名 計90名

>2012年度入試
応募者数 男子828名 女子814名 計1,642名
合格者数 男子45名 女子45名 計90名

過去5年間の応募者数推移 【学芸大学附属大泉小学校】

※右グラフが男子応募者数、左グラフが女子受験者数を表します。

学芸大学附属大泉小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【学芸大学附属大泉小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

第1日目
ペーパー
形態−1クラス30名
監督の先生−3〜4名
出題用紙−表裏1枚
使用器具−テープレコーダー
内容−お話の記憶/生活常識(おはしの持ち方)/科学常識(池の中で生まれる虫)/数の加減・多少・分割・同数発見(えんぴつ6本と同じもの)/音(リズム)の記憶/推理/道徳
第1日目
運動
形態−1グループ15名
内容−運動(雑巾で靴の底を拭いて立ち幅跳びした後指定のポーズ、模倣運動、ケンパ、ボーリング)/自由遊び(釣り、玉入れ、おしくらまんじゅう)/じゃんけんゲーム 等
第2日目
行動観察
内容−4人ずつ3組に分かれ大きな紙に書かれたちょうちょの絵をかざる/音楽にあわせて模倣体操/紙芝居を見る/在校生とゲームをする/積み木/箱・牛乳パックを積み上げる 等
第2日目
面接
形態−1グループ3名
所要時間−5分程度
内容−氏名/きのう誰とお風呂に入ったか/数の復唱・逆唱/反対語/朝食で食べたもの/何に乗って学校に来たか/お休みの日に父親とどう過ごすか/最近ほめられたこと/幼稚園で楽しいこと/3人ずつお手玉をする 等

その他 入試に関すること 【学芸大学附属大泉小学校】

考査時間 第1日目:約1時間10分
第2日目:約30分
遅刻の場合 受験不可
保護者アンケート 無し
試験場の下見 不可
自家用車の使用 不可
願書写真サイズ たて5cm・よこ4cm

学芸大学附属大泉小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ