みつめる21 » 小学校情報 » 私立共学校 » 西武学園文理小学校
西武学園文理小学校

西武学園文理小学校

基本情報 【西武学園文理小学校】

所在地 〒350-1332 埼玉県狭山市下奥富600番地
電話番号 04-2900-1800
サイトURL http://www.seibubunri-es.ed.jp
アクセス 西武新宿線[新狭山]駅北口より徒歩10分
※スクールバス−あり
JR川越線・東武東上線[川越]駅西口より(約15分)
西武池袋線[稲荷山公園]駅より(約20分)
JR八高線・西武池袋線[東飯能]駅東口より(約30分)
校長 佐藤 英樹
教員数 46名
児童数 433名(男子238名 女子195名)
制服 あり
給食 あり(土曜を除く)
外国語指導 英語
系列校 西武学園文理中学校・高等学校
※小学校からの内部進学−一定の基準を満たした者
西武文理大学
安全対策 ○登下校の時刻を保護者に知らせるメール配信システムの導入
○児童登校後は門扉を施錠
○教職員の定期的な巡回
○防犯カメラによる校舎内外の監視
○スクールバス発着駅から学校までは警備員が引率
○起点となる最寄り駅から学校までの徒歩区間も警備員を配置
○保護者への入校証
○緊急メール送信システム配備

ページトップへ

教育の特色と活動 【西武学園文理小学校】

「21世紀を担う、日本人としてのアイデンティーをもった、『世界の新トップエリート』」を小中高12年間一貫教育の中で養成します。グローバルな社会でリーダーシップを発揮する真のエリートは、高き志と他者の気持ちを理解できる人間性、高度な知性に支えられた判断力、統率力、そして多様な文化を理解する国際性、英語力を兼ねていなければなりません。本校では、「心を育てる」「知性を育てる」「国際性を育てる」を教育の柱として掲げ、真のエリートの育成に力を注いでいます。

沿革 【西武学園文理小学校】

昭和56年4月、西武学園文理高等学校開校。平成5年4月、西武学園文理中学校開校。これに続き埼玉県では3番目の私立小学校、西武学園文理小学校が平成16年4月に開校した。

2016年度 募集要項 【西武学園文理小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 男女計80名
募集要項配布期間 6月1日〜11月30日(8時30分〜16時30分) 1部1,000円
願書受付期間 第1回)8月28日〜9月2日
第2回)9月29日〜10月7日
第3回)11月4日〜14日
STEP入試)11月27日〜12月5日
親子面接日
第1回)9月15日〜24日
第2回)10月8日〜15日
第3回)11月14日・15日
STEP入試)12月7日
入学考査日 第1回)9月26日・27日の指定日
第2回)10月17日・18日の指定日
第3回)11月15日
STEP入試)12月6日
合格発表日時 第1回)10月1日 速達郵送
第2回)10月22日 速達郵送
第3回)11月17日 速達郵送
STEP入試)12月8日 速達郵送
入学手続き期日 第1回)〜10月7日まで
第2回)〜10月28日まで
第3回)〜11月20日まで
STEP入試)〜12月11日まで
入学考査料 20,000円 銀行振込
入学手続時納入金 入学金250,000円 銀行振込
※延納手続あり(第1次、第2次、第3次いずれも30,000円)
他初年度納入金合計 約1,170,000円(授業料、施設設備費、給食費、教材費、制服代 等)
※寄付金(任意)−1口200,000円 1口以上
出願地域制限 通学地域による応募制限無し
帰国子女受け入れ 入学試験・編入試験時に実施
○対象学年−1〜5年生
○選抜方法−ペーパー、制作、運動、行動観察、面接(受験生と保護者同伴による)
編入試験 欠員の状況により判断する
○選抜方法−筆記(国語・算数・英語・運動)、面接(受験生と保護者同伴による)

ページトップへ

入試結果 【西武学園文理小学校】

>2016年度入試
応募者数 男子140名 女子113名 計253名
合格者数 男子130名 女子99名 計229名

>2015年度入試
応募者数 男子128名 女子121名 計249名
合格者数 男子108名 女子100名 計208名

>2014年度入試
応募者数 男子147名 女子119名 計266名
合格者数 男子119名 女子95名 計214名

>2013年度入試
応募者数 男子134名 女子122名 計256名
合格者数 男子106名 女子100名 計206名

>2012年度入試
応募者数 男子110名 女子111名 計221名
合格者数 男子81名 女子86名 計167名

過去5年間の応募者数推移 【西武学園文理小学校】

※右グラフが男子応募者数、左グラフが女子受験者数を表します。

西武学園文理小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【西武学園文理小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

面接 ※親は教育方針など学校への理解度・協力度、本人は年齢に応じた発育がされているかを見る
面接日−試験前(面接期間の内の指定日時)
対象−本人と保護者同伴
面接官−2名
所要時間−15分
形態−個別
内容−<本人>名前/住所/電話番号/家族の名前/友だち/遊び/食べ物の好き嫌い
<父親>志望理由/家庭の教育方針/休日の過ごし方/子どもの長所/子どもの将来について
<母親>躾/健康状態/家族構成/幼稚園での様子/通学経路/子どもの性格
集中力や判断力を見る
ペーパー 形態−1クラス約30名
監督の先生−3名位
所要時間−約50分
内容−お話の記憶・理解/数を数える/数の多少/仲間分け/数量比較/系列完成/図形合成/模倣/同図形・異図形発見/言語
制作絵画 ※「よく聞き、よく考え、何事にも一生懸命取り組むことのできるお子さま」という点が基本。課題の内容を正確に理解して制作しているか、どんな様子で制作に取り組んでいるかを観察し、そのうえで作品を見ていく。最後まであきらめずにやり抜く気持ちが大切
形態−1クラス約20名
監督の先生−3名
所要時間−約30分
内容−個別制作(質問あり)
運動 ※日常の動きを中心としたテスト、運動能力だけでなく意欲を持って取り組む姿勢も重視
形態−1クラス30〜40名
監督の先生−5名
所要時間−約30分
内容−スキップ/ボールつき/平均台歩行等、日常の動きを中心としたもの
行動観察 ※集団の中で節度を保ち、他人と強調し、最後まで自分のやろうとしたことをあきらめずにやり遂げる能力を備えているか、その素質があるかを観察する
内容−ゲーム/自由遊び

その他 入試に関すること 【西武学園文理小学校】

生まれ月の考慮 あり
遅刻の場合 状況による
病気の場合
受験不可
受験番号 月齢順
保護者アンケート 無し
試験場の下見 不可
自家用車の使用 不可
願書写真サイズ たて5p・よこ4p カラー、脱帽、上半身、3カ月以内

学校の先生からのメッセージ 【西武学園文理小学校】

校長(理事長) 佐藤 英樹先生
開校以来、「英語のシャワーで、グローバルな新トップエリートを育てる」教育を続け、世界に向かって着実に歩んでまいりました。本校では、「すべてに誠をつくし、最後までやり抜く強い意志を養う」教育方針のもと、「心を育てる」「知性を育てる」「国際性を育てる」ことを重点目標として教育実践を行っています。ご挨拶にはじまる心の教育、祖父母やご両親を敬い感謝するなど、相手を思いやる優しい心、人として豊かな心、また先人の知恵に学び創造する知性、自ら学び自ら考える習慣を身につけ発信する力、そして日本人としてのアイデンティティをもって国際社会で活躍する力、これらをすべて身につけて、未来をリードすることのできる人材、すなわちグローバルな新トップエリートの育成を目指しています。

西武学園文理小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ