みつめる21 » 小学校情報 » 私立共学校 » 精華小学校
精華小学校

精華小学校

基本情報 【精華小学校】

所在地 〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡18
電話番号 045-311-2963
サイトURL http://www.seika-net.ed.jp
アクセス JR線他[横浜]駅下車西口より徒歩12分
スクールバス−無し
校長 大庭 照雄
教員数 29名
児童数 478名(男子327名 女子151名)
制服 あり
給食 無し
外国語指導 英語
系列校 神奈川学園中学校・高等学校(女子)
※小学校からの内部進学−内部進学試験合格者(一般受験も可)
安全対策 ○門の施錠
○警備員の常駐
○来訪者のチェック
○IDカード着用
○防犯センサー設置
○モニター設置
○1年生の送迎
○保護者・教職員による登下校指導
○防災訓練の実施
○避難訓練の実施等
○緊急お知らせメール

ページトップへ

教育の特色と活動 【精華小学校】

「人のおせわにならぬよう 人のおせわのできるよう」という校訓は、本校建学以来、どのような子どもを社会に送り出すかについて、不動の方針として守り続けられ、90余年を経て変わることがない。人のお世話にならぬ子は、自主自立を持った強い子である。人のお世話のできる子は、愛他・相扶の情をそなえたやさしい子である。この校訓の教えのもとに、強くやさしい子を育てあげることを最大の教育目標としている。教科の学習については、レベルの高い基礎学力を全員に身につけさせるカリキュラムと授業法を実施している。そのため、各授業は専科制に準ずる組織をもって行い、教師が得意とする教科に専念できるようにしている。

沿革 【精華小学校】

本校は、大正11年4月1日に、優れた教育者であり企画者であった佐藤善治郎によって開校された。大正・昭和初期の新教育運動の、文字どおりの精華として徹底した個性尊重と人格主義の高い教育理念をその旗印に掲げた。

2016年度 募集要項 【精華小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 男女計80名 1学年2クラス
募集要項配布期間 6月25日〜9月6日(平日のみ9時〜15時)
配布場所−小学校事務室窓口(無料)
願書受付期間 9月1日〜6日 郵送受付のみ※期間内の消印有効
親子面接 9月28日以降(9時〜16時20分)の指定日時
※両親同伴・上履き必要
入学考査日
10月18日(8時10分〜) 指定時刻に登校
※保護者同伴(一人で可)、本人は運動靴着用
合格発表日時 10月18日・19日 発表方法−WEB
入学手続き期日 10月19日(13時〜18時)
手続場所−小学校事務窓口
入学考査料 22,000円 振込
入学手続時納入金 入学金300,000円
他初年度納入金合計 850,650円(授業料402,000円、施設拡充費200,000円、教育管理費192,000円 等)
出願地域制限 通学地域による応募制限無し
帰国子女受け入れ 実施せず
編入試験 欠員が生じた学年のみ随時実施
○対象学年−第1学年1月1日以降、第5学年7月末まで
○選抜方法−筆記(国語・算数)、面接(保護者のみ)

ページトップへ

入試結果 【精華小学校】

>2016年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

>2015年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

>2014年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

>2013年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

>2012年度入試
応募者数 非公表
合格者数 非公表

選抜方法 【精華小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

面接 対象−本人と保護者同伴(両親)
形態−個別
面接官−2名(校長・教頭)
所要時間−約10分
内容−<本人>名前/幼稚園の名前/遊びの名前・様子/入学後やってみたいこと
<保護者>志望理由/家庭の教育方針/躾/子どもの健康状態/仕事の内容
ペーパー 形態−1クラス約15名
監督の先生−2名
所要時間−40分
出題用紙−4〜5枚(4〜5問)
筆記用具−鉛筆・クーピー・色鉛筆・クレヨン
内容−お話の記憶・理解/数(計数・多少)/公衆道徳・しつけ/比較/図形/間違い探し/大小推理/思考/根気/対応/分配/創造
口頭試問 形態−個別
監督の先生−1名
所要時間−約4分
使用器具−絵・カード
内容−常識(季節と動植物、海・川の魚)/仲間分け/4枚のカードでお話作り
行動観察 形態−1クラス10名
監督の先生−2名
所要時間−10分
内容−自由遊び/集団ゲーム/指示行動
運動 形態−1クラス15名
監督の先生−2名
所要時間−約30分
内容−模倣体操/ボールつき/ゴム段跳び/ケンケン/鉄棒ぶらさがり/リトミック/動物模倣(アザラシ・腕力) ※脚力・腕力・俊敏性・リズム感などをみる
制作 形態−1クラス15名(個別活動)
監督の先生−2名
所要時間−10分
筆記用具―クレヨン
内容−創造画(発想・背景・完成度を見る)/折り紙/ちぎり絵
個別審査 形態−個別
監督の先生−1名
所要時間−4分
内容−お話(記憶・理解・会話・同化・順序・想像・思考・説明)

その他 入試に関すること 【精華小学校】

生まれ月の考慮 あり
遅刻の場合 不可
病気の場合
受験不可
受験番号 願書受付順
保護者アンケート 無し
試験場の下見 不可
自家用車の使用 不可

学校の先生からのメッセージ 【精華小学校】

校長 大庭 照雄先生
本校は、創立以来、校訓「人のおせわにならぬよう 人のおせわのできるよう」の教えを、児童の生活信条・行動の指針とし、社会に貢献できる豊かな感性を身につけさせることを教育の柱に位置づけている。「西グラウンド三周運動」と「精華の子の百冊の本運動」の二つの運動を、校訓の具体的な実践運動として、子どもたちの日常に定着させている。体験学習・数々の行事から児童の探求心・創造性・情意を育て、基礎学力の充実を図って、発展的な問題にも適応する力を育てている。

精華小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ