みつめる21 » 小学校情報 » 私立共学校 » 昭和女子大学附属昭和小学校
昭和女子大学附属昭和小学校

昭和女子大学附属昭和小学校

基本情報 【昭和女子大学附属昭和小学校】

所在地 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
電話番号 03-3411-5114
サイトURL http://es.swu.ac.jp
アクセス 東急田園都市線(半蔵門線直通)[三軒茶屋]駅下車徒歩7分
渋谷駅より下記方面行きを利用し[昭和女子大]下車すぐ
(上町・等々力・田園調布・弦巻営業所・二子玉川・高津営業所・成城学園・祖師谷大蔵・狛江・調布)
目黒駅・祐天寺駅より三軒茶屋行きを利用し[三軒茶屋]下車
下北沢駅より駒沢陸橋行きを利用し[三軒茶屋]下車
校長 小泉 清裕
教員数 45名
児童数 648名(男子78名 女子570名)
制服 あり
給食 あり(週4回・水曜日はお弁当)
外国語指導 英語 1〜2年生は週1時間
   3〜6年生は週2時間
系列校 昭和女子大学附属幼稚園
昭和女子大学附属中学校・高等学校(女子)
※小学校からの内部進学−学校長の推薦制度あり
昭和女子大学(女子)
昭和女子大学オープンカレッジ
昭和ボストン
安全対策 ○正門通行者・車両の記名、チェックの徹底
○正門玄関にモニターカメラ設置
○守衛による構内巡視
○各教室に緊急ブザー設置
○教員による校舎内の定時巡回
○児童使用玄関は児童登校後施錠
○外壁侵入者感知装置設置
○保護者への連絡方法として緊急メールの配信も活用
○年5回の避難訓練(不審者対応も含む)
○保護者を証明するカードの発行と携帯の義務付け
○登下校システムを導入、登下校の状況を各家庭希望する情報端末に配信

ページトップへ

教育の特色と活動 【昭和女子大学附属昭和小学校】

60年以上の伝統を誇る総合学習、異学年児童が共同生活を行う宿泊行事、先進的な英語教育やコンピューター教育、個々の児童の興味を広げるサークル活動など独自の教育を発展し、子どもの「からだ」「こころ」「知恵」をすこやかに、すくすくと伸ばします。各教科の専科制によって、学習指導の充実と、児童一人ひとりを多くの教師で育てることをめざしています。また、クラス担任は同学年内で相互に入れ替わって担当する教科もあり、学年としての統一した指導を行っています。

沿革 【昭和女子大学附属昭和小学校】

トルストイが創ったような学校を日本にも作りたい…創立者・人見圓吉夫妻の想いに同士が集い、1920(大正9)年、日本女子高等学院として誕生したのが昭和女子大学の前身です。偉大なるヒューマニストであり、教育者であり小説家だったトルストイの理想はあらゆる意味で人間らしく生きていくことでした。その精神を礎とする人材育成の道を男子にも開こうと、1953(昭和28)年に誕生したのが男女共学の昭和小学校です。創立以来の学園目標である「世の光となろう」を掲げ、特色ある教育を展開して今日に至っています。

2016年度 募集要項 【昭和女子大学附属昭和小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 男女計105名 併設幼稚園からの内部進学者を含む
募集要項配布期間 9月1日〜10月6日(9時〜16時)
配布場所−初等部受付、説明会会場(無料)
願書受付期間 10月1日〜6日
郵送のみ(期間内消印有効)
入学考査日
自己推薦入試)11月1日
一般入試)  11月2日・3日のいずれか希望する1日
合格発表日時 自己推薦入試)11月1日
一般入試)  11月4日
入学手続き期日 自己推薦入試)11月1日
一般入試)  11月4日・5日
入学考査料 20,000円 銀行振込
入学手続時納入金 入学金250,000円
他初年度納入金合計 授業料516,000円、施設設備金75,600円、教材費28,200円
他給食費、研修行事費(積立金)あり 
※学債、寄付金無し
出願地域制限 通学地域による応募制限無し
帰国子女受け入れ 対象学年に欠審が出た場合に実施 (特別枠無し)
編入試験 対象学年に欠審が出た場合に実施 (特別枠無し)
○対象−新2年生〜新4年生
○時期−2月または3月
○選抜方法−国語・算数、リズム運動、面接(保護者のみ)

ページトップへ

入試結果 【昭和女子大学附属昭和小学校】

>2016年度入試
応募者数 男女計250名
合格者数 男女計149名

>2015年度入試
応募者数 男女計300名
合格者数 男女計144名

>2014年度入試
応募者数 男女計270名
合格者数 男女計149名

>2013年度入試
応募者数 男女計311名
合格者数 男女計149名

>2012年度入試
応募者数 男女計280名
合格者数 男女計132名

過去5年間の応募者数推移 【昭和女子大学附属昭和小学校】

昭和女子大学附属昭和小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【昭和女子大学附属昭和小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

面接 対象−保護者のみ(両親)
形態−個別
面接官−1名
所要時間−約10分
内容−<父親>本校の小学校6年間で何を学ばせたいですか/自分が読んだ本で子どもにも読ませたい本は/奥さまが育児についてすばらしいと感じる事は何ですか
<母親>受験以外のことで最近夫婦で話したことは何ですか/父親の子育てで学ぶべきこと
行動観察 形態−1クラス15〜30名
監督の先生−5〜6名
所要時間−約20分
使用する器具−はさみ、セロハンテープ、のり、クーピー、ボール、積み木、プラレール 等
内容−グループで1つのものを作る/自由遊び/ルールに則ったゲーム/集団の中でのお話/遊び道具の片付け
運動 形態−1クラス15〜30名
監督の先生−4〜5名
所要時間−約20分
内容−音楽に合わせての簡単なリズム運動(スキップやジャンプ 等)
絵画・制作 形態−グループ活動(1クラス15〜30名)
監督の先生−4〜5名
所要時間−約20分
使用する器具−はさみ、クーピー、シール、セロハンテープ、のり
内容−簡単に作れる手作りおもちゃを制作し集団で遊ぶ 等

その他 入試に関すること 【昭和女子大学附属昭和小学校】

生まれ月の考慮 あり
遅刻の場合 状況による
病気の場合
不可
受験番号 月齢順
保護者アンケート 当日記述(家庭の教育方針 等)
試験場の下見 不可
自家用車の使用 不可
願書写真サイズ たて7p・よこ5p 脱帽、3ヵ月以内、カラー白黒、家族写真2L版

学校の先生からのメッセージ 【昭和女子大学附属昭和小学校】

教長 奈木野 昌一先生
世の中に出て社会貢献できる人になろう、という意味の「世の光となろう」の学園目標のもと、体・徳・知のバランスのとれた教育をしています。学習は、単に知識をつけるのではなく、体験を通して学ぶことの喜び、考える面白さを通して学び方を学んでいきます。また、宿泊行事など年上・年下の学年との共同生活を通して、人として大切な生活体験を積み重ねます。人生の基礎となる力を今のうちにお子様につけさせたいとお考えの方は、ぜひ本校へ一度足をお運びください。

昭和女子大学附属昭和小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ