みつめる21 » 小学校情報 » 私立女子校 » 川村小学校
川村小学校

川村小学校

基本情報 【川村小学校】

所在地 〒171-0031 東京都豊島区目白2-22-3
電話番号 03-3984-8321
サイトURL http://www.kawamura.ac.jp/syougaku/
アクセス JR山手線[目白]駅下車徒歩2分
東京メトロ副都心線[雑司が谷]駅下車徒歩7分
※スクールバス−無し
校長 川村 正澄
教員数 31名 ※非常勤講師14名
児童数 女子520名
制服 あり
給食 あり(週6日)
外国語指導 英語(週2時間・1年生から)
系列校 川村学園女子大学附属保育園
川村幼稚園
川村中学校・高等学校(女子)
※小学校からの内部進学−校長推薦だがほぼ全員進学
川村学園女子大学(女子)
川村学園女子大学大学院(女子)
安全対策 ○学校110番
○豊島区安心安全メール
○受付に警備員が常駐し、校舎への出入口は登下校時以外、常に施錠している
○入構証
○外部に監視カメラを設置・24時間録画し、内部から周辺の様子がわかる
○通学に関しては、創立時から通学班を設け、方面別に班を編成し混合学年で下校している
○災害時については、児童数の飲料水、食料、アルミシートを始め、毛布、簡易トイレなど必要最低限の物品を防災倉庫で管理している
○AED(自動体外式除細動器)の設置
○緊急地震速報装置を設置
○災害マニュアル
○携帯電話の所持(希望届出制)

ページトップへ

教育の特色と活動 【川村小学校】

低学年ではおもに学級担任制を、高学年は教科担任制を実施し、確かな学力が身につくよう授業時数も大幅に増やし、きめ細かい指導をしています。また、温水プールによる水泳授業、英語は1年生から週2時間(ネイティブとのティームティーチング)実施しています。算数と英語では、1年生から3年生までは、週1時間ずつクラスを半分に分けた少人数制授業を行っています。

沿革 【川村小学校】

川村学園は1924年、創立者川村文子先生が自己の体験に基づく確固たる信念と高遠な理想を実現させるべく「川村女学院」として創立された。1932年初等部が設置され、以来、教育内容や施設の充実に努め、現在、幼稚園から大学・大学院までの一貫した教育体系を整えるようになった。

2016年度 募集要項 【川村小学校】

※下記は2015年秋実施済みのもので、2016年秋の募集要項ではありません。

募集人員 自己推薦女子約20名
第1回・第2回・第3回女子約60名
募集要項配布期間 〜10月24日(8時〜17時)
配布場所−各校舎受付(無料)
願書受付期間 10月1日〜24日 郵送受付のみ(簡易書留)期間中の消印有効
保護者面接日
試験日当日 自己推薦は事前親子面接あり
入学試験日 自己推薦)11月1日
第1回)11月1日
第2回)11月2日
第3回)11月3日
合格発表日時 自己推薦)11月1日
自己推薦入試 発表方法−学園第一校舎にて手渡し
第1回)11月1日
第2回)11月2日
第3回)11月3日
第1〜3回入試 発表方法−WEB合格発表
入学手続き期日 自己推薦)11月1日(12時〜15時)
第1回)11月2日・4日(8時〜17時)
第2回)11月4日(8時〜17時)
第3回)11月4日(8時〜17時)
入学考査料 25,000円 所定の用紙で電信振込※9月1日〜
入学手続時納入金 入学金300,000円
他初年度納入金合計 780,600円(授業料396,000円、給食費126,000円 他※分割納入可)
※寄付金−あり(任意)
出願地域制限 通学地域による応募制限無し
帰国子女受け入れ 編入試験として実施
編入試験 ○対象学年−1〜5年生
○募集人員−各学年共に若干名
○入試時期−7月、12月、3月
○選抜方法−筆記(国語・算数)、面接(本人と保護者同伴)

ページトップへ

入試結果 【川村小学校】

>2016年度入試
応募者数 女子230名
合格者数 女子95名

>2015年度入試
応募者数 女子230名
合格者数 女子98名

>2014年度入試
応募者数 女子276名
合格者数 女子100名

>2013年度入試
応募者数 女子168名
合格者数 女子80名

>2012年度入試
応募者数 女子123名
合格者数 女子80名

過去5年間の応募者数推移 【川村小学校】

川村小学校 過去5年間の推移

選抜方法 【川村小学校】

※編集部調査分を含む過去数年分。

面接 対象−《自己推薦》事前・親子、審査当日・保護者
《一般》保護者のみ
形態−個別
面接官−校長補佐、副校長、面接官2名
所要時間−《自己推薦》事前面接…約20分、審査当日…約5分
《一般》約5分
内容−<保護者>一貫教育について/食事について/幼稚園・保育園での生活について/試験当日の様子(子どもの体調、会話) 等
<本人>一幼稚園・保育園での様子(お友だち、好きな遊び、昼食)/試験当日の様子(朝食、学校までの交通手段) 等
個別審査 所要時間−約40分
内容−〈口頭試問・指示行動〉教師と1対1のやりとりのなかで、幼稚園・保育園・家庭に関する簡単な質問をし、受け答えや態度を観察する
行動観察/
運動
形態−グループ
所要時間−約40分
内容−キーボードの演奏にあわせたリトミック運動/ソフトブロックを使った自由遊びの様子を観察
制作 形態−グループ5〜6名
所要時間−約20分
内容−粘土やお絵かきなどの課題をグループ毎に取り組み、やり取りや道具の使い方、後片付けの様子を観察。できあがった作品で遊ぶ様子も観察する

その他 入試に関すること 【川村小学校】

考査時間 約1時間30分
生まれ月の考慮 あり
遅刻の場合 状況による
病気の場合
受験不可
受験番号 受付順
保護者アンケート 当日提出
受験に際し、留意していることなど
試験場の下見
自家用車の使用 不可
願書写真サイズ たて4p・よこ3p

学校の先生からのメッセージ 【川村小学校】

校長 川村 正澄先生
本校では「感謝の心」を基盤として、豊かな人間性と個性の伸長を図ることを教育の指針にしています。小学校は学園一貫教育体系の第一歩として、基礎基本の徹底と共に、複雑化する現代社会の中で、最も重視しなければならない「こころ」の教育を学校全体を通して行っています。そのため、友だちや下級生にやさしく接し、何事も粘り強く努力する子どもに育っています。さらに、児童・保護者・教師が融合する教育の場として、充実を図っています。

川村小学校 みつめる21の学校情報

!入試内容など、さらに詳しく調べられたい方はこちらもご覧ください。

教育図書21の入試情報
ページトップへ